ホーム > 施工事例 一覧 > 千葉県市川市の店舗・住宅

Blog Blog Blog Blog

  • Case18 古材のようにも見える杉板を使い、昔ながらの風合いを再現しつつも現代の解釈によるモダンなデザインを練り込んだ延床約150坪の木造建築。

  • 木巧舎施工事例写真 千葉県市川市の店舗・住宅
    木巧舎施工事例 千葉県市川市の店舗・住宅
  • 木巧舎施工事例写真 千葉県市川市の店舗・住宅

    このプランで印象的なのは、ジャラ(アマゾンジャラ)という硬い木でつくられた広場です。オーナーやテナントさんが様々なイベントを催すのに利用できるスペースとのこと。
    5月には(仮)オープニングパーティーが開かれました。

  • 木巧舎施工事例写真 千葉県市川市の店舗・住宅

    もとはオーナーの祖父が建てられた戦前からあった建物です。解体前に原宿同潤会アパートを手掛けた設計者グループ1人の手によるものだとわかり、特徴的な玄関廻りの1階の部分を極力再現することになりました。解体時においても梁や柱の一部を大工さんが解体屋さんと一緒に取り外し、様々な場所で再現しています。

  • 木巧舎施工事例写真 千葉県市川市の店舗・住宅

    みかんぐみの設計士の方が自らもともとの建物で使われていた瓦を小端立てて土中に埋めこのようなアートを造り、庭にアクセントを添えました。このような使い途もあるのですね!

  • 木巧舎施工事例写真 千葉県市川市の店舗・住宅

    戦前に合板等を使わず、柱や梁をあらわす真壁造りでつくられた仕様はこの度、地震等を考慮し耐震性が高く火にも強い面材を利用しながらもこれまで使われてきた柱や梁を割いて貼付けることによって昔ながらの風情を再現しています。